ロゴマークに込めた思い

宮田織物のロゴマーク

(毎年、この思いを書いていますが、節目節目で振り返ります)

新年度になったので、今日は
宮田織物のロゴマークのお話を
させてください。

宮田織物が百周年を迎えた年、
この新しいロゴに変えました。

「丸」の中に「宮」の文字。
色は白地にやや渋めの赤色です。

「宮」の文字が「○」と繋がる、
これは、宮田織物が世界と
繋がるという意味をこめています。

赤の色はエネルギーの色であり、
私たちの思いの色。それは、
ものづくりを通して、お客様に
笑顔になっていただくこと。
その思いを循環させたいと思います。

この赤はまた、灯りの意味も
あります。宮田織物の企業理念
「一隅を照らす」。

自分が一生懸命光って、
まわりを照らす。一つ一つは
小さな光でも、集まれば
大きな光になり、町や社会、
やがて地球を照らす。

「一隅を照らす」という理念も
ロゴマークにこめられています。

さて以前のロゴマークは、やはり
「丸」に「宮」でした。今回も、
これにこだわったのは、

古きもの(伝統)の良さを生かし、
新しいものを生み出す温故知新の
精神に習ったからでもあります。

小さなマークに、私たちの思いが
ぎゅっと詰まっていて、私はこの
マークを見るたびに嬉しく、
とても勇気づけられます。

宮田織物のみんなも同じ思いでしょう。

※デザインして下さったのは
クリアコードパブリッシングさま。

ありがとうございます。
ロゴマークは寡黙で雄弁な
サポーターですね。
http://clearcode-p.com/

今日も感謝のものづくりを。お客様の笑顔のために。自分達の笑顔のために。

▼春めく、ハオリ
https://www.e-miyata.com/category/haori

▼水ぬるむ頃の作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

▼夜桜見物にも。綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

投稿者:

miyata

創業大正二年、福岡県筑後市のものづくりの会社の四代目。生地織り、デザイン企画、縫製まで全て自社で心地よい和木綿(わもめん)の服と綿入れ袢天を作っています。一男一女一犬の母。座右の銘:一燈照隅・笑門来福。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です