社内木鶏会

社内木鶏会

桜の開花が待ち遠しい火曜日、
社内木鶏会を行いました。

今回のテーマは
「志ある者、事竟に成る」です。

堅い志を持つ者はいかなる困難に
遭っても必ずその志を成し遂げる、
という意味です。

特集朗読担当は私でした。難しい
漢字があったので、事前に調べて
ルビを振っていたので良かったです。

感想文を書く時は、読み方までは
あまり気にしませんが、朗読となると
気にせざるを得ないし、良い経験でした。

「特集がむずかしい!」という声も
多かったのですが、実習生の作文の
テーマが「得意料理」ということも
あり、ベトナムのフォーやチキン
ラーメンの話も出て、盛り上がりました。

写真はリーダー発表での國武部長。
実際に登山の時に体験した丸い虹と
ブロッケン現象の話をしているところです。

最後にデザイン産業協議会の
メンバー募集もありました。貴重な
経験ができるし、積極的に参加して
くれたらいいな、と思います。

さて司会のハットリさんとクワノさんは
今回で終わりです。一年間、おつかれ
さまでした。ありがとうございます。

次回の司会はまだ秘密。また、
木鶏会のやり方も、少し変える予定です。

より参加しやすく、気づきのある
木鶏会にしたいと思います。

今日も感謝のものづくりを。お客様の笑顔のために。自分達の笑顔のために。

▼春めく、ハオリ
https://www.e-miyata.com/category/haori

▼水ぬるむ頃の作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

▼春まだ浅し。綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

投稿者:

miyata

創業大正二年、福岡県筑後市のものづくりの会社の四代目。生地織り、デザイン企画、縫製まで全て自社で心地よい和木綿(わもめん)の服と綿入れ袢天を作っています。一男一女一犬の母。座右の銘:一燈照隅・笑門来福。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です