バレンタインデーの思い出

バレンタインデー

全国的にバレンタインDAYの今日は
私の思い出話をしましょうか…
って去年も言いましたが、今年も言います。
(去年読まれた方、ごめんなさい。)

結婚して間もない頃、昭和の終わりの
話です。時はバブル。世の中は
浮かれており、バレンタインのお返しも
「10倍返し」などと言われていました。

(10倍返し…いいこと聞いた…)

私は、そこら辺で買ったチョコに
自分の預金通帳をそっと忍ばせ、
笑顔で夫に渡そうとしました

が、

夫はなぜか受け取ろうとしません。

「(私の企みが)なぜわかったと?」
と問うと

「(お前の悪だくみは)大体わかる。」
との返事。

なんという以心伝心(違)!

私の愛の10倍返し作戦は、
夫の動物的勘の前に、
もろくも崩れ去りました。

まあ、そんなこんなで結婚30年。
今も、切磋琢磨の日々を
送っております。

さて、私のさもない話はおいといて、
奥様とおそろいの、ほんわか
綿入れ袢天はいかがですか?

写真の様にペアもいやみがなくて
素敵ですよ。(モデルは私達夫婦…
ではもちろんなく、スタッフです)

はんてんを着るたびに、
愛がほんわかとよみがえる

…かもしれません。

▼綿入れ袢天「あられ」
https://www.e-miyata.com/item/913.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼今の季節の作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

▼まだまだあったか綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

投稿者:

miyata

創業大正二年、福岡県筑後市のものづくりの会社の四代目。生地織り、デザイン企画、縫製まで全て自社で心地よい和木綿(わもめん)の服と綿入れ袢天を作っています。一男一女一犬の母。座右の銘:一燈照隅・笑門来福。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です