昭和の日用品 若い世代が支持

読売新聞さまの記事写真は今月の25日の読売新聞の
くらし欄。「昭和の日用品
若い世代が支持」という見出しの記事です。

“昭和から愛されてきたロングセラー品が
若い世代からも脚光を浴びている”
“インターネットを通じて魅力や新しい
利用法が発信され、再認識されているようだ”
~読売新聞平成31年1月25日朝刊より~

本文では、ニベアクリームや牛乳石鹸、
大島椿などが取り上げられています。
(どれも使っています(^_^))

この記事は、うちの綿入れ袢天にも
しっかり当てはまるなあ、と、私は
勝手に嬉しくなりました。

宮田織物の綿入れ袢天が誕生したのは
昭和四十年。デザインや表地素材の
バージョンアップはあれど、基本的な
スタイルは変わっていません。

自社で織った生地を使い、中綿を入れ、
ひと針ひと針、丁寧に手でとじていく。
愚直なまでにこのやり方を守っております。

「おばあちゃんの手作りの袢天と同じ」
「綿入れ袢天はコスパの良いアウター」
「表参道でうちの綿入れ袢天を若い人が
着て歩いておられた」などなど…

若い方たちから、いろいろな嬉しい
お声をいただくことが増え、インスタグラム
などでも、うちの綿入れ袢天を着て
くださっているお写真もたくさん。

またうちのホームページにも、
綿入れ袢天ご愛用のお写真をお寄せ
いただいており、ありがたい限りです。
▼宮田織物写真館
https://www.e-miyata.com/category/169.html

記事では、

“安いものを使うのは恥ずかしいという
感じ方は今はなく、むしろ賢い選択と
捉えられている。ロングセラー品への
信頼感や安心感は高く、口コミ数や
情報量も多いため、商品選びで慎重な
若者には魅力的に移る様だ”

というリサーチプランナー原田彩子様の
言葉で締めくくられています。

宮田織物の綿入れ袢天は、お安いとは
言えませんが、お手入れ次第で長~く
愛用できるので、結果的に安いのでは
ないかと思っております。
(ここは着る方の感じ方次第なので、
なんとも言えませんが。)

まとまりなく書きましたが、若い方の
ご愛用とお声が増えたこと、ネットでも
発信いただいていることが嬉しく、
いろいろ書かせていただきました。
手前味噌をお許しください。

これからも信頼感や安心感を持って
頂けるものづくりを愚直に目指していきます。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼冬の作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

▼あったか綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

投稿者:

miyata

創業大正二年、福岡県筑後市のものづくりの会社の四代目。生地織り、デザイン企画、縫製まで全て自社で心地よい和木綿(わもめん)の服と綿入れ袢天を作っています。一男一女一犬の母。座右の銘:一燈照隅・笑門来福。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です