綿入れ袢天は○○○な□□□ですね

綿入れ袢天※写真は狐火はんてん

「綿入れ袢天は○○○な□□□ですね」

思わせぶりな伏字の題名で、
申し訳ありません。

これは以前、うちに来られた
若いお客様からいただいた言葉で、

○○○には「リーズナブル」、
□□□には「アウター(外出着)」が入り、

綿入れ袢天はリーズナブルな外出着ですね

という言葉なのです。

私はこれを聞いて、雷に打たれたような
衝撃が走りました(ちょっと大げさ)。

綿入れ袢天は室内で着る防寒着

それが私の綿入れ袢天像だったのですが、
今の若い方たちは、全く違うイメージで
綿入れ袢天を捉えてくださっていたのです。

しかし考えてみたら、

・シルエットを変える(丈、袖、幅など)
・デザインを変える(ポケット、紐など)
・中綿を変える(より薄く、軽く)

など、宮田織物の綿入れ袢天は、
外出着として着々と変化していたのです。

私の古い頭を、うちのスタッフは
とっくに飛び越えてくれていたという
手前味噌な話でした(汗)

外出着と室内着の区別がどんどん小さく
なっているのは、ハレとケの差が小さく
なっていることと無関係ではないでしょう。

この辺りをいつかゆっくり、
掘り下げてみたいと思います。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼室内着にも外出着にも!綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem
▼冬の夜も心地よく。作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html