2018/03/29「感想文をいただきました」

香蘭専門学校さま見学

先日、福岡県若者しごとサポート
センターさまの主催で、香蘭専門
学校の生徒さん達に会社見学を
してもらいました。

▼香蘭ファッション デザイン専門学校さま工場見学(2018年03月06日)
https://plaza.rakuten.co.jp/wamomen/diary/201803060000/

そのご感想をアンケート結果と共に
送っていただきました。

・実際、どのように活動しているのかを
見れたのでとても良かったです。
・卒業生の話を聞けたことです
・社会の厳しさ
・テキスタイル作りから服作りまで、
すべての工程が見れて参考になりました

等々、たくさんの感想をそれぞれの
言葉で綴ってもらっています。
本当にありがたいことです。

今は年度末でアップアップして
おりますので、来月、ゆっくり
読ませてもらおうと思っております。
とてもとても楽しみです。

学生のみなさん、そして先生方、
福岡県若者しごとサポートセンターさま、
本当にありがとうございました。
これからも、ものづくり頑張ります。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

2018/02/16「袢天着てるとおまえは可愛いな」

夷草(えびすぐさ)はんてん959

昨日は女性経営者のみなさまと
お食事会でした。業種は違えど、
仕事にかける情熱溢れる方ばかり。

さて、美味しいお酒とお食事で、
おしゃべりも弾むうちに、
うちの綿入れ袢天の話になって、

真珠婚(結婚30周年)を間もなく
迎える、とても美しいお一人が、
旦那様から言われた言葉を教えて
下さいました。

「袢天着てるとおまえは可愛いな。」

営業最前線で、数々のアイディアを
形にし、バリバリと仕事をこなされる
奥様の綿入れ袢天姿は、

旦那様の目にきっと新鮮に、可愛らしく
映ったのだろう、と、勝手に想像して、
私はとても嬉しくなりました。

綿入れ袢天は、着ている人を可愛く
見せてくれる魔法の力があるかもです。

▼魔法の袢天はこちら
https://www.e-miyata.com/item/909.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

2018/01/30「色紙をいただきました」

社会福祉協議会

※ただ今、ご注文をたくさんいただき、全力で、対応にあたっておりますが、出荷対応がまかせない状態です。大変申し訳ないのですが、順次発送させていただきますので、もう少しお待ちいただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

筑後市社会福祉協議会様を通じて、
毎年、暮れに、綿入れ袢天を寄付
させていただいております。

心ばかりの枚数ですが、
筑後市のお年寄りや障がいを
持つ方に届けられます。

▼社会福祉協議会さまを通じて
https://plaza.rakuten.co.jp/wamomen/diary/201712200000/

先日、綿入れ袢天をお届けした
皆様から、お礼の色紙を
いただきました。

戌年にちなんだ犬のモチーフを
囲んで、感謝の言葉が葉っぱ
一枚一枚に丁寧に書かれています。
感激いたしました。

宮田織物は、筑後市で創業して
今年が105年目になります。

そして、筑後市という地が
あったからこそ、ものづくりを
続けてこれたと感じています。

本当にありがたいことです。
これからも、みなで
ものづくり頑張ります。

社会福祉協議会のみなさま、
いつもありがとうございます。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/category/168.html

2017/12/28「仕事納め」

吉開ジロ吉

※写真はうちのワンコ。未来をみつめているポーズです。

宮田織物は本日が仕事納めです。

今年一年、いろいろなことが
起きました。嬉しい事もあり、
苦しい事もありました。

景気は良くなりつつある、と
ニュースなどでは聞きますが、
繊維産業をとりまく環境は、
厳しいのが現状です。

けれども、みなさまのおかげで
今年も無事終える事ができます。
本当にありがとうございました。

どうぞ、来年も
よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・
お正月と言えばお年玉ですが、
私共にとってのお年玉は、
お客様よりいただくお声です。

去年に続き、今年もこちらに
最近頂いた、お客様の声を
掲載させて頂きます。

お客様のお声>

お名前:柿のババ様

早急に対応していただき、感謝してます。
昔、母がつくり続けてくれたはんてんと
同じ着ごこちです。(私も去年やっこを頂きましたので)
今は価格は手頃でも着ごこちがいまひとつのものが
多く、残念に思っていましたので、とてもうれしいです。

パソコン操作がいまひとつで…
中々良い商品に出会えませんが、成功でした。

私の子供時代のやわらかなあたたかさを
孫達にも!と思い、注文し続けています。

▼ご購入商品(クリックで商品ページへ)
子供袢天(はんてん) 赤 110cm【日本製】
子供袢天(はんてん) 紺 120cm【日本製】
子供奴(やっこ) 赤 100cm【日本製】

▼お客様の声
https://www.e-miyata.com/category/63.html

▼綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/category/168.html

みなみなさま、
良いお年をお迎え下さい。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

2017/12/14「職場体験学習」

宮田織物の職場体験学習

先日、筑後市北中学校の生徒さん
お二人が職場体験学習で
宮田織物に来てくれました。

製造現場での職場体験学習。
綿入れ袢天の最終工程の「整理」
を、受け持ってもらいました。

綿入れ袢天の「手とじ」は針を
使いますから、必ず検針機で
針が入っていないかチェックし、

その後、手とじの上がり具合を
見ながら、糸くずやほこり等を
丁寧に取り除いていく「整理」。

根気強さと丁寧さが要求される
仕事で、職場体験してくれた
二人の感想にも「大変」という
言葉が見えます。

ものづくりというのは「大変」な
作業を積み重ねていくもの。

そして宮田織物のものづくりは、
チームワークでできていること。

ものづくりの原動力は、着て
下さったお客様の笑顔である事。

職場体験で、そんなことを
少しでも感じ取ってもらえたら
いいなと思っておりました。

二人の感想文を読ませてもらい、
しっかりと感じ取ってもらえた
様で、とても嬉しく思います。

北中のお二方、真剣に「整理」に
取り組んでくれたこと、そして
丁寧に書かれた感想文、本当に
ありがとうございます。

▼インターネットでも綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/category/168.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

2017/10/18「息子の気持ちを暖かさと共に羽織って」

宮田織物の

全国的に、気温がぐっと
下がってまいりました。
ここ筑後も、朝晩はひんやり。
そろそろ、綿入れ袢天の季節ですね。

今日は、お客様から
いただいたお声のご紹介です。

▼宇野様よりいただいたお声

息子から贈られてきて、立派な箱で
何かとワクワクしながら開けてみると
驚きの袢天!すぐ羽織ってみると、
またまた驚きの暖かさ!!
息子の気持ちを暖かさと共に羽織っております。

こちらの綿入れ袢天のご感想です。
▼袢天 60双糸 縞
https://www.e-miyata.com/item/912.html

60双糸60(ろくまる)双糸(そうし)
縞(しま)と読みます。

60とは、糸の番手のことで、
数が大きいほど細く
上質で光沢のある糸になります。

双糸とは、2本の糸を
撚り合わせているという意味です。

生地の風合いは、さらりとした
滑らかな肌ざわり。薄手なので、
軽い着心地の綿入れ袢天です。

▼袢天 60双糸 縞
https://www.e-miyata.com/item/912.html
全8色。宮田織物のロングセラー袢天です

お客様からいただくお声が、
ものづくりの大きな励みです。
ありがとうございます。

これからも、暖かさを
みなさまにお届けできる様
頑張ります。

▼綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/category/168.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

2017/10/04「ねえ、見て見て!~宮田織物写真館~」

宮田織物写真館

宮田織物のホームページで、
私が個人的に一番好きなのが
このコーナー「宮田織物写真館」。

▼宮田織物写真館
https://www.e-miyata.com/category/169.html

お客様からおくっていただいた、
うちの商品着用のお写真を
並べているコーナーなのですが、

ご兄弟で
ご家族で
ご夫婦で

国内はもちろん
アメリカや
フランスからも

見ているこちらも
つり込まれそうな、
みなさま、実に良い笑顔。

一枚一枚から、
「ねえ、見て見て!」
という楽しい声が聞こえてくるようです。

宮田織物写真館

このコーナーをのぞくたびに
ものづくりをする幸せを
かみしめる私です。

暖かい綿入れ袢天で、
みんなにっこり。

▼綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/category/168.html

2017/09/01「二枚目の作務衣なら」

宮田織物の

宮田織物の作務衣の
一番人気は紬織り作務衣で、

▼紬織り作務衣
http://www.e-miyata.com/item/498.html

作務衣入門として一枚目に
お求めになるお客様が
多いのですが、

今日は、全く私の好みで、
二枚目におすすめしたい
作務衣をご紹介いたします。

それは、こちらです!

▼新文人織り作務衣
https://www.e-miyata.com/item/550.html

なぜこの作務衣をおすすめするか。
「生地が通好みだから。」
それに尽きます。

ですからまずは、生地の
紹介をさせてくださいね。

新文人織り(しんぶんじんおり)
は、宮田織物のオリジナルの
和木綿素材。上質の板締め糸を
ドビー柄で丁寧に織り上げました。

文人とは文事(学問・芸術等)を
重んじ、風雅を好み、詩文等に
秀でる人という意味です。

もともと久留米絣からきたもので
書生さんが好んで着ていたから、
この名前がついたとも言われています。

わざとむらに染めた板締め糸を
ドビー織りにしているので、
かすれたような柄行きと立体感があり、

シニアの方がまとうと若々しさが
引き立ち、若い方がまとうと、
落ち着いた粋さが醸し出されると
いう、不思議な素材でもあります。

少しだけざらりとした生地味も、
肌にとても心地よく感じます。
(さわっていただけないのが
とても残念です。)

お客様からも、こんなお声を
いただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・
●Minnieさん (大阪府)
大満足です
ドイツ人の彼にプレゼントしました。
細身ですが身長が185cmあるので
LLを選択。上品な生地で仕立ても良く、
長い手足にもちょうど良いサイズで、
何もかもパーフェクト。大喜びで、
しょっちゅう着ています。
商品購入前に、サイズ等をお店に
問い合わせたところ、大変親切な
お返事を頂けたのも、好印象です。
皆さまにもおすすめします。
・・・・・・・・・・・・・・・・

お色は文人、濃紺、茶。
いずれもシックで深みのあるお色。

流行もなく、サイズにも融通が効き、
ご家庭でじゃぶじゃぶ洗えて丈夫。
じっくり長~く付き合える一枚です。

季節を問わず、ご自宅用にも、
ご贈答にも大人気。

一枚目は無地の紬織り作務衣を
お選びいただいたあなた、
二枚目には、通好みのこの一枚、
いかがでしょうか。

▼新文人織り作務衣
https://www.e-miyata.com/item/550.html

宮田織物は他にもたくさんの
種類の和木綿の作務衣があります。
ぜひご覧下さい。

▼作務衣一覧
https://www.e-miyata.com/category/34.html

▼秋色夏作務衣
https://www.e-miyata.com/item/1221.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

 

2017/08/23「秋色・夏素材の作務衣です」

暦の上では秋なのに…
まだまだ暑いですね。

からりとした暑さなら、
まだしのぎやすいのですが、
蒸し暑さとなると…う~ん、きつい。

年のせい?(涙)

と、お嘆きの貴兄に、
おすすめの作務衣がございますよ。
宮田織物ちぢみ織り作務衣の
 ▼ちぢみ織り作務衣
http://www.e-miyata.com/item/1221.html

ちょっとテレビ通販みたいな
書き出しで、大変失礼致しました。

気を取り直していただいて…
お客様からいただいた
ご感想を読んでいただけますか。

・・・・・・・・・・・・・・・・
●お名前:きじとらの猫様

若い頃から家では作務衣派で、
昨年、宮田織物の作務衣を初めて購入。

上質な生地と着心地の良さに、
夫は大満足していました。
通年用でまたと考えていましたが、
この夏用が目にとまりました。
とってもなめらかで触り心地も
とっても良いです。

これからの季節、猫の抜け毛
まみれになるので、グレーに
しましたが、淡すぎず、濃すぎず、
ちょうど良い色味です。

これなら、だらしなくなりがちな
夏の暑い日もかっこよく過ごして
もらえそうです。もう大満足です。
・・・・・・・・・・・・・・・・

と、こんなにありがたい
ご感想をいただいた作務衣です。

しかも…

【夏限定】と書いておりますが、
この作務衣は、夏だけでなく、
残暑の今も大活躍してくれるのです。

ちょっとだけ商品説明を
いたしますと、

生地は宮田織物オリジナルの、
和木綿のちぢみ織り。

甚平などにも使用される
宮田織物の夏の代表的な和木綿で

細番手の糸で、繊細な凹凸を
生地表面に出すことで、
肌にぺたりとはりつききにくく、
さらりとした肌ざわり。

綿100%とは思えないほどの、
柔らかで、かすかな光沢があります。

お色は黒、紺、グレー。
今の時期にふさわしい「秋色」です。

流行もなく、サイズにも融通が効き、
ご家庭でじゃぶじゃぶ洗えて丈夫。
じっくり長~く付き合える一枚です。

ご自宅用にも、ご贈答にも
大人気なんですよ。

さ、この秋色夏素材の
ちぢみ織り作務衣で、この残暑も
涼しく乗り切ろうではありませんか。

▼ちぢみ織り作務衣
https://www.e-miyata.com/item/1221.html

宮田織物は他にもたくさんの
種類の和木綿の作務衣があります。
ぜひご覧下さい。

▼作務衣一覧
https://www.e-miyata.com/category/34.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

2017/08/08「松原小学校二年生のみなさんの感想」

宮田織物の工場見学・松原小学校二年生のみなさん

6月に、宮田織物の工場を
見学してくれた松原小学校
二年生のみなさんの感想集が
先日、届きました。

▼松原小学校二年生のみなさんの見学
https://www.e-miyata.com/category/414.html

宮田織物の工場見学・松原小学校二年生のみなさん

ひとりひとりが、丁寧な字で
思い思いの感想を書いて
くれています。

「機械が多かった」という
感想が多く、繊維製造は装置
産業という側面もあることを
よく捉えてもらっていました。

機械と機械の間に、必ず
「手と手」の工程が入ることも
もう少しお伝えできたら
良かったかな、とも思います。

それはそれとして、ものづくりを
見ていただく事は、本当に嬉しく
励みになります。

松原小学校二年生のみなさん、
そして先生方、
ありがとうございました。

また、いつでも
お待ちしております(^_^)

▼日本の夏を涼やかに。甚平。
https://www.e-miyata.com/category/32.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。