作務衣の洗濯・お手入れ方法

作務衣のお手入れ

洗濯方法


基本的に宮田織物の作務衣は、洗濯機で洗えます。

しわが気になる方は、
軽く畳んで洗濯ネットに入れて洗ってください。

脱水時間は短めに。
脱水後はすぐ干すのがポイント。

干すときは、振りさばいて
縫い目や衿の部分を引っ張り、
形を整えて干します。

パリッとした着心地がお好みの方は、
糊付けもおすすめです。

畳み方 着物の本だたみの簡単アレンジ


広い所で作務衣を広げます。

作務衣(さむえ)のたたみかた

1、下前を、衿が脇線から外に出ないように前身を折ります。

2、上前を下前に重ねます。
衿を重ねますが、この時衿がきれいに畳まれるように形を整えます。

3、上前の脇線を両手で持ち、手前に折り返して下前の脇線と重ねます。
内側にしわが寄らないようにしてください。
作務衣(さむえ)のたたみかた

4、左袖を身頃側に折り返します。
袖付け線に沿って、しわにならないように注意してください。

5、身頃を畳みます。
裾を左袖の上に重ねます。
畳む長さは、収納するもののサイズに合わせてください。

6、右袖を身頃の上に重ねて完成。