今年も色紙をいただきました

筑後市社会福祉協議会さまより毎年、暮れに綿入れ袢天を
筑後市社会福祉協議会様を通じて、
寄付させていただいており、

心ばかりの枚数ですが、
筑後市のお年寄りや障がいを
持つ方に届けていただきます。

▼社会福祉協議会さまを通じて
http://blog.e-miyata.com/?m=20181219

今年も、綿入れ袢天をお届けした
皆様から、お礼の色紙を
いただきました。

亥年にちなんで、イノシシの親子が歩いて
いる上に、大輪の花と取り巻くように葉が。

その葉っぱ一枚一枚に、感謝の言葉が
手書きされていて、見ていると、
胸がいっぱいになります。

宮田織物は、筑後市で創業して
今年が106年目になります。

そして、筑後市という地が
あったからこそ、ものづくりを
続けてこれたと感じています。

感謝の念を忘れず、これからも、
みなでものづくり頑張ります。

社会福祉協議会のみなさま、
いつもありがとうございます。

うちの綿入れはんてんが、
着るみなさまに日だまり気分を
お届けできますように(^-^)

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼かなり品薄!あったか綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem
▼冬の夜も心地よく。作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

今年の目標

宮田織物の全体朝礼冷え込んだ朝の月曜日、よく
晴れています。今回の担当は
織布課のタケダさん。

「お正月に孫と縄跳びをしたら、
二重跳びができなくて大ショック!
今年は二重跳びができるようになるのが
目標です…と言いつつ、
まだ縄を買っていません(笑)」

と、最後はタケダさんらしく、
ユーモアを持ってまとめてくれました。

一年の計は元旦にあり。そして健康は
とても大事な事。ですから健康増進にも
なる二重跳び(縄跳び)を目標にするのは大賛成です。

私も一日の歩数5000歩を目標にしました。
タケダさん、一緒に頑張りましょう。

しっかりと自分の意見を言ってくれる
タケダさん、職場でも、いつも改善の道を
作ってくれます。どうぞ、これからも
よろしくお願いします。

続いて営業の中村課長より現状の報告。
今週の火・水曜日は現物展への意気込み。

先週東京に出張した平野主任、エザキ
さんからも報告がありました。次に
つながる道をしっかり作ってくれています。

織布課のミヤタさんより現状報告。
整経は納期遵守のために、女性二人が
昼休みをずらしながら頑張っています。

管理部の國武部長より健康への注意。
また、まつり委員会と安全衛生委員会の
メンバーの期での入れ替え発表です。

まつり委員会、安全衛生委員会は
とても大事な活動で、いつも頑張って
もらっています。

私からは来期予算の話をしました。
みんなの頑張りが生きるためには、
予算組みからものづくり、お客様に
お届けするまでに、ずれやぶれが
ないこと。まずは予算組みを
考えて考えて考え抜く事です、と。
頑張ります。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼冬のの作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

▼あったか綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

誰もが研究者

宮田織物全体朝礼冬らしい曇り空の月曜日、
(でも暖かいです。暖冬ですね。)
今回の担当は製品課のモリさん。

テーマは「誰もが研究者」。

「研究とはよく調べ、考えて、真理を
極める事。専門的な探求だけでなく、
どんな工夫をすれば楽しく働けるかを
考え、工夫し、実施する事が既に研究。

例えば車の故障を減らしたい時。
整備点検マニュアルを見直し、“車を
大切に扱えば事故が減る”と思ったら
心を込めて掃除する等して結果観察をする。

良い結果が出たら周囲と共有し、また
実験しよう。社内で改善の工夫を募集し、
表彰する制度を作るのも一案。一人の
提案で『助かった』の輪が広がれば、
より良い職場になる。考え続けよう。

~職場の教養1月号より抜粋~」

モリさんの所感です。

「(綿入れ袢天の仕上げの部署の)4人で
妥協せず、丁寧な仕事を心がけている。
これで良いかと常に考え、悩む。特に
やり直しの時の指導には心を砕く。
これからも4人で互いに研究しながら頑張る。」

モリさん、ありがとうございます。
綿入れ袢天の仕上げの部署は、
綿入れ袢天の中綿(なかわた)入れ、
内職さんの集荷、とじ指導、仕上げ等を
担当し、お客様にとても近い部署です。

また、綿入れ袢天に中綿を入れる工程は
なかなか面白く、テレビなどの中継の時は
必ず映していただくのですが、その時、
チームワークの良さをよくお褒めいただきます。

綿入れ工程は二人一組で行います。
4人の内の誰とでも組みになれ、
息を合わせられるのは、日頃の心がけの
成果なのだなとモリさんの話から感じました。

チームワークをしっかりとまとめてくれる
モリさんには感謝しかありません。
どうぞ、これからもよろしくお願いします。

続いて営業の中村課長より現状の報告。
来週の火・水曜日は現物展です。

製品課の佐野主任より現状報告。
ファッション3ライン、袢天2ライン。

管理部の國武部長より健康への注意。
宮田織物では幸いまだインフルエンザに
かかっている人はいません。しっかり
予防管理していきましょう。

ちなみに國武部長の健康法は、毎日
早足で歩く事。夜もよく眠れるそうです。
私も、歩く時間を増やしたら、膝の
故障が治りました。ウォーキングは
いいですね。おすすめです。

体が弱ると気持ちも弱ります。
日頃から健康に気をつけていきましょう。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼冬のはじめの作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

▼いよいよ本番!あったか綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

職場体験のお礼状

職場体験のお礼状夏、職場体験に来てくれた中学の
生徒さんから、一文字一文字丁寧に
書かれたお礼状が届きました。

体験学習中のエピソード、頑張ろうと
思ったこと、そして最後に、

「皆様もお体に気をつけてお仕事を
頑張ってください。」

というやさしい言葉で〆られていました。

初めての仕事に、一所懸命取り組んで
くれていたお二人の姿が、今でも
目に浮かびます。

これからの未来に幸多きことを。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼冬はこれ!着るふとん、綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem
▼冬の夜も心地よく。作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

社内木鶏会

去年の話になりますが…

師走とは思えないぽかぽか陽気の
土曜日、社内木鶏会を行いました。

まず私からお詫びと連絡事項。
チャレンジ制度がしくみ作りできて
いなかったことを皆に詫び、
次回からやることを説明しました。

次に忘年会担当の佐野主任から、
当日のタイムスケジュールなど。
(担当のみなさんが頑張って準備してくれました。)

そして社内木鶏会。テーマは
「古典力入門」です。

特集朗読のタナカさんはとても
流暢に読み上げてくれました。

雑談テーマは「今年起こったこと」。

いろいろな意見が出ました。
楽しい事だけでなく、悲しい事、
苦しい事も含めて、平成最後です。

最後は國武部長から、真備町の由来や
九州で一番高い山は?という質問、
歩いて足痛を治したという
國武部長らし過ぎる話。

ちなみに九州で一番高い山は
鹿児島県の屋久島中央部にそびえる
宮之浦岳(みやのうらだけ)。
標高は1936メートルです。

足の痛みも取れたから、お正月に
宮之浦岳登山チャレンジをしたいという
國武部長のワイルドな話で締めくくりの、
平成の師走最後の社内木鶏会でした。

今年の木鶏会でも、
みんなと考え、楽しんでいきます。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼今が本番!あったか綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem
▼冬の夜も心地よく。作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

決意を数字に

宮田織物の全体朝礼

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

本日より仕事始めの月曜日、
今回の担当は企画の能地課長。

テーマは「決意を数字に」。

「今年は目標に数字を入れよう。
例えば『生活習慣を改める』を
『夜は12時迄に寝て、朝は7時迄に
起きる』というように、より具体的に。

目標が曖昧なのは、外出時に目的地が
ハッキリしていないようなもの。
道筋も決まらず、実行が難しい。

また、数字を伴った目標は、未達成が
明確で、妥協や言い訳ができない。
ゆえに相応の強い決意が必要になる。

強い決意は固い意志を生み、
固い意志は速やかな実行につながる。

『一年の計は元旦にあり』、
目標に数字を入れ、着実に実行し、
一年後に大きな実りとしよう。

~職場の教養1月号より抜粋~」

能地課長の所感です。

「今年は目標を具体的に明確にし、
効率を良くして一年を送っていく。」

全体朝礼テーマはその時の担当自身が
決めるのですが、誰がどんなテーマを
選ぶのか、私は楽しみにしています。

能地課長の今回のテーマ選びには、
とても感銘を受けました。

能地課長は長として企画課をまとめると
共に、服のデザイナーでもあります。

宮田織物は小さい会社ですので、
デザイナーといっても、デザインだけ
ではなく、パターン作成から原価出し、
工場への指示までデザイナーが行います。

負担は大きいですが、だからこそ
コスト意識をしっかり持ち、コスパの
点でも、お客様のお気持ちに沿うデザインが
できているのではないかと思っています。

今回の朝礼テーマでもそれを感じました。
また、“目標に数字を入れて着実に実行”は、
私がここ数年ずっと言い続けていることであり
しっかり伝わっていると、嬉しかったです。

能地課長、ありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

続いて営業の中村課長より前月売上報告。
「厳しい中、皆の協力がありがたかった。
1,2,3月、頑張っていきます。」

織布課の中村主任より前月織布報告。
「スムーズに進むようにしていきます。」
織布課は朝礼を核に改善が進みます。

管理部の國武部長より「宮田織物の
平成の終わりは3月がしまってから。
あと三ヶ月、しっかり頑張っていこう。」

統括部の小林部長より、昨年対比、
予算対比の数字と、目標達成の決意。

工場長より「健康に気をつけよう」。

私自身も、去年は、健康の大事さを
感じた年でした。みなさまの今年が、
心身ともに健康でありますように。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼冬のはじめの作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

▼いよいよ本番!あったか綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.htmlあけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

本日より仕事始めの月曜日、
今回の担当は企画の能地課長。

テーマは「決意を数字に」。

「今年は目標に数字を入れよう。
例えば『生活習慣を改める』を
『夜は12時迄に寝て、朝は7時迄に
起きる』というように、より具体的に。

目標が曖昧なのは、外出時に目的地が
ハッキリしていないようなもの。
道筋も決まらず、実行が難しい。

また、数字を伴った目標は、未達成が
明確で、妥協や言い訳ができない。
ゆえに相応の強い決意が必要になる。

強い決意は固い意志を生み、
固い意志は速やかな実行につながる。

『一年の計は元旦にあり』、
目標に数字を入れ、着実に実行し、
一年後に大きな実りとしよう。

~職場の教養1月号より抜粋~」

能地課長の所感です。

「今年は目標を具体的に明確にし、
効率を良くして一年を送っていく。」

全体朝礼テーマはその時の担当自身が
決めるのですが、誰がどんなテーマを
選ぶのか、私は楽しみにしています。

能地課長の今回のテーマ選びには、
とても感銘を受けました。

能地課長は長として企画課をまとめると
共に、服のデザイナーでもあります。

宮田織物は小さい会社ですので、
デザイナーといっても、デザインだけ
ではなく、パターン作成から原価出し、
工場への指示までデザイナーが行います。

負担は大きいですが、だからこそ
コスト意識をしっかり持ち、コスパの
点でも、お客様のお気持ちに沿うデザインが
できているのではないかと思っています。

今回の朝礼テーマでもそれを感じました。
また、“目標に数字を入れて着実に実行”は、
私がここ数年ずっと言い続けていることであり
しっかり伝わっていると、嬉しかったです。

能地課長、ありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

続いて営業の中村課長より前月売上報告。
「厳しい中、皆の協力がありがたかった。
1,2,3月、頑張っていきます。」

織布課の中村主任より前月織布報告。
「スムーズに進むようにしていきます。」
織布課は朝礼を核に改善が進みます。

管理部の國武部長より「宮田織物の
平成の終わりは3月がしまってから。
あと三ヶ月、しっかり頑張っていこう。」

統括部の小林部長より、昨年対比、
予算対比の数字と、目標達成の決意。

工場長より「健康に気をつけよう」。

私自身も、去年は、健康の大事さを
感じた年でした。みなさまの今年が、
心身ともに健康でありますように。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼冬のはじめの作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

▼いよいよ本番!あったか綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

仕事納め

※写真はうちのスタッフお手製のキーホルダーです

宮田織物は本日が仕事納めです。
今年もみなさまのおかげで、
年を越す事ができます。

本当にありがとうございます。

宮田織物は創業大正二年です。
大正、昭和、平成の時代を生き、
そして新しい時代を迎えます。

繊維の輸入浸透率は97%を超え、
日本でのものづくりはますます
難しくなっていますが、

宮田織物だからこそのものづくりに、
スタッフ一同、邁進して参ります。

どうぞ、来年も
よろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・
お正月と言えばお年玉ですが、
私共にとってのお年玉は、
お客様よりいただくお声です。

という訳で、今年もこちらに
最近頂いた、お客様の声を
掲載させて頂きます。

お客様のお声

お名前:古屋様

宮田織物のはんてんを
ずっと昔、亡き義母が夫に贈ってくれました。
以後、私も宮マークの男物のはんてんを
デパートで2代目・3代目と求めました。

今年は冬に向けて4代目を直接申し込み、
用意しました。

はんてんを着て机に向かって、
何時間も本を読む夫の姿は冬の定番です。

送られてきましたカタログを数日見ていて
(洋式の生活スタイルなのですが)私も
ダウンではなく、それならはんてんを
着てみようとはじめてレンガ色のはんてんを
求めました。

あたたかく、数日着てましたら、
私の肩線にそってきて、とっても着心地がよく、
ゆったりした気分になりました。

そして亡き祖母の細かい気づかいも
思い出されました。

ありがとうございます。

■ご購入いただいた商品:
60双糸 縞(しま)袢天 ブルー【日本製】
60双糸 縞(しま)袢天 レンガ【日本製】
https://www.e-miyata.com/item/912.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼年末年始を暖かく。着るふとん、綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem
▼冬の夜も心地よく。作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

ボヘミアンラプソディ

冷え込んだ朝の月曜日、
本日の担当は営業課の中村課長。

話題の映画「ボヘミアンラプソディ」を
観に行った話から、

「モチベーションが下がる時は誰にでも
ある。それを上げるきっかけとして
自分はこの映画を観て、上がった。
モチベーションは自分で上げていこう。」

最後に…

「なお、この映画は佐賀モラージュでも
やってます。みなさん、モラージュの
うちの店に行って、映画もぜひ(笑)」

と、中村課長らしく、笑いでまとめて
くれました。ありがとうございます。

モチベーションが下がることは誰にでも
ありますので、上げるきっかけを持つのは
とても大事なことですね。

以前の朝礼での、國武部長の、

「朝、起きる時、今日はどんなわくわくが
あるだろう?と、自分に問いかけながら
起きることを習慣にしている」

という話も、同時に思い出しました。

“ごきげんさん”で生きるのは、時に難しい
こともあるけれど、その時の自分への
対処を知っておくと、生きるのが少しでも
楽になるなあ、と私は思いました。

朝礼で、また、色々な場面で、
私はみんなから良い話をたくさん聞きます。
本当にありがたいことです。

営業課からは現状報告。ハットリさん
から本日のテレビ生中継の準備や色々。
※本日FBSめんたいワイドさんで
宮田織物を生中継して下さいます。
良ければぜひご覧下さい。

製品課の佐野主任からも現状報告。
小ロットをしっかり回します。

管理部の國武部長より取材の件と
今月一杯で退職する二人の紹介。

モラージュ佐賀の販売スタッフの
アダチさんと、製品課のアシガさんです。
アシガさんより立派な挨拶がありました。

アシガさん、宮田織物のものづくりを
支えてくださってありがとうございます。
これからも宮田織物OBとして、
宮田織物を見守ってくださいね。
本当におつかれさまでした。

今年の仕事の日も、今日を入れて
あと4日。頑張っていきましょう。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼かなり品薄!あったか綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem
▼冬の夜も心地よく。作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

雑誌「プラスアクト」で杉野遥亮さまに…

+act. (プラスアクト) 杉野遥亮

今をときめく俳優、田中圭さまが表紙の、
現在発売中の雑誌「+act. (プラスアクト)
―visual 2019年1月号」で、

こちらも人気の俳優、杉野遥亮さまに、
うちの綿入れ袢天を着ていただいています。
※杉野さまのお写真は掲載不可なので、
申し訳ありませんが雑誌をご覧になってのお楽しみです。

ちなみにこの袢天です。
▼絣調ドビー奴(やっこ)
https://www.e-miyata.com/item/595.html

うちではもう十年以上前から発売の
ロングセラー商品なのですが、
今の若い方から見ると新鮮なのでしょう。

杉野遥亮さま、とても素敵に、
かっこよく着こなして頂きました。

関係各位のみなさま、
ありがとうございます。

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼かなり品薄!あったか綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem
▼冬の夜も心地よく。作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html

社会福祉協議会さまを通じて…

社会福祉協議会さまを通じて寄付筑後市の社会福祉協議会さまを
通じて、今年も、綿入れ袢天を
10枚寄付させていただきました。

筑後市のお年寄りや障がいを
持つ方に届けられます。

心ばかりの寄付ですが、始めて
30年以上たちます。そして、
これからも続けてまいります。

社会福祉協議会のみなさま、
今年も得難い機会をいただき、
ありがとうございます。

どちらかといえば暖冬の
今年ですが、寒さは必ず来ます。

うちの綿入れはんてんが、
みなさまに日だまり気分を
お届けできますように(^-^)

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼かなり品薄!あったか綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/event/hanten2018-newitem
▼冬の夜も心地よく。作務衣特集
https://www.e-miyata.com/category/34.html

ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html