2018/05/02「GWは3Kです」

宮田織物綿入れ袢天を干してます

いきなりですが、質問です。
吉開ひとみのGW3Kプランとは
いったいなんでしょう?

ちっ

ちっ

ちっ

ぽ~ん

はいっ、答えは
家事、買い物、休養です。
簡単でしたね(笑)

まあ、休養が急用に差し変わったり
することもままあるのですが(涙)

さて、GW真っ最中の今日…
(といっても昨日今日は出勤日ですが(汗))

行楽地へのお出かけや、
母の日の贈り物の買い物や、
ゆっくり休養など、

いろいろなわくわくプランを
お持ちのことだと思います。

私は…3Kの一番初めの家事。
たまりにたまった家事を一気に
やってしまいます。中でもGWは…

冬物を片す絶好のチャンス!

というわけで、セーターや
厚手のショールや冬物の下着、
そして綿入れ袢天を片付けます。

もし、まだ片付けていないわ、
とおっしゃる方は、GWにぜひ。

綿入れ袢天のお手入れ方法は、
商品についている、お洗濯表示を
ご覧下さい。

また、こちらのページでも
簡単に説明しておりますが、

▼綿入れ袢天のお手入れ
https://www.e-miyata.com/category/67.html
▼「ご愛用のはんてんのしまい方」
https://www.e-miyata.com/category/247.html

お洗濯環境はお客さまによって
違いますので、商品をじっくり
見ながら判断なさってくださいね。

ちなみに写真は、自宅で綿入れ袢天を
洗って、裏返して干しているところ。

袢天を天日干しする時は、裏返して
干すと、色がさめにくくていいですよ。
日光が強ければ短時間でもふっくらします。

さあ、冬物のお手入れも終わり、
さっぱりしたところで、
二番目のK、お買い物。

母の日のお買い物もGW中に
すませて、さらにさっぱり
しちゃいましょう。

▼宮田織物の母の日の贈り物
https://www.e-miyata.com/category/90.html

そしていよいよ、三つ目のK、
休養です。のんびり過ごす
時間を確保して、
ゆ~っくり休んでくださいね。

みなさま、良いGWを(^_^)

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

▼春から初夏へ、作務衣
https://www.e-miyata.com/category/34.html

2018/02/20「綿入れ袢天はほつれます」

綿入れ袢天はほつれます。

こう書くと、ちょっと
センセーショナルかもしれません。

(新品の状態でほつれているのは、
もちろんありえません。それは
品質不良です。)

綿入れ袢天の仕上げは手で行います。
綿(わた)の入り具合を見ながら、
ひと針ひと針、手で丁寧にとじます。

片方の裾から衿、そしてまた片方の
裾まで、ぐるりと。さらに両袖。
そして、裾と背中も中とじします。

綿がまんべんなく入って、
しかもふくらみをつぶさず、
さらに強度も考える。

どちらも生かすために、を、
ぎりぎり考えて、今のとじ方に
しており、針目にしております。

このとじをミシンでやろうとすると
強度はあっても、中綿の入り具合や
ふくらみをつぶしてしまうので、
今のところ、不可能なのです。

さて、手とじは、ミシン仕上げなどと
比べると、どうしても強度は劣ります。

通常の着用状況であれば、問題は
まずありませんが、例えばどこかに
ひっかかり、手とじの部分に過度に
力が入ると、ほどけてしまいます。

引っかかってほどけるという場面は
スカートやスラックスの裾まつりを
想像していただければ、わかりやすい
と思います。

さらに、スカートなどの裾まつりは、
ミシンでやることもあり、その場合は、
一箇所引っ掛けると、ずらずら~っと
ほどけてしまいがちですが、

綿入れ袢天の手とじは、ほどけた
としても、全部一度にほどけることは、
まずありません。(よほど強い力が
かかったら、わかりませんが。)

なぜなら、手とじは、一度に
とじれる長さに限度がありますので、
途中途中で玉止めが入り、
そこでストップするのです。

ここまで書いて、手とじは、自然に
補強していることでもあるな、
と気づきました。

なにかまとまりなく、だらだら
書いてしまって、申し訳ありません。

綿入れ袢天の手とじは、ミシンでは
代用できない事、そしてほつれるという
当たり前のことを、書きました。

もしほつれた場合は、早めに修理
なさって下さいね。早ければ早いほど、
簡単に修理できます。

自分の手で修理したものは、
言ってみれば、自分だけの一枚。
これほど贅沢なことはないかもしれません。

綿入れ袢天をお客様のもとへ
送り出すとき、私達つくり手は、
娘を嫁にやる心境です。どうぞ、
末永く可愛がってやって下さいね。

▼手作業について書いています。
こちらもお読みいただけたら嬉しいです。

・なぜ手作業にこだわるのか?
https://www.e-miyata.com/category/566.html
・AIにはない愛がある
https://www.e-miyata.com/category/567.html

▼手でとじる綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/category/168.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

2017/07/04「永くお付き合いいただくために。」

宮田織物の綿入れ袢天のお手入れ小冊子ができました

むしむしと暑い梅雨の時期に
なんですが、「綿入れ袢天」の
お手入れ小冊子完成のご報告です。

表と裏表紙も含めて12ページ。
9cm×9cmの大きさで、
永く保管して頂けるよう、
少し厚手の紙でできています。

通常のお手入れ
お洗濯方法
お問い合わせ

の順に記載しております。
綿入れ袢天といっても中綿が

綿80%ポリエステル20%
綿100%
絹100%

と大きく三つの種類があり、
最初のふたつは同じお手入れで
大丈夫ですが、絹は違います。

また、綿入れ袢天はおふとんと
同じ。天日に干していただくと
ふっくらと綿がよみがえります。

そんなことも書きました。
(スタッフの労作です。)

このお手入れ方法の小冊子は、
今期からの綿入れ袢天に
順次お付けしていきます。

永く気持ちよくお付き合い
いただくために、綿入れ袢天の
ことを知って頂く努力を、
重ねていきたいと思っております。

お手入れ次第では10年以上
着用可能な綿入れ袢天。
どうぞ、可愛がってやってくださいね。

▼夏でも買えます。綿入れ袢天
https://www.e-miyata.com/category/168.html

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。

2017/04/28「GWは綿入れ袢天片付け日和 」

宮田織物の綿入れ袢天

いよいよ明日からGW。

行楽地へのお出かけや、
母の日の贈り物の買い物や、
ゆっくり休養など、

いろいろなわくわくプランを
お持ちのことだと思います。

私ですか?
天気も良さそうですので…

冬物を片す絶好のチャンス!

というわけで、セーターや
厚手のショールや冬物の下着、
そして綿入れ袢天を片付けます。

もし、まだ片付けていないわ、
とおっしゃる方は、GWにぜひ。

綿入れ袢天のお手入れ方法は、
商品についている、お洗濯表示を
ご覧下さい。

また、こちらのページでも
簡単に説明しておりますが、

▼綿入れ袢天のお手入れ
https://www.e-miyata.com/category/67.html

▼「ご愛用のはんてんのしまい方」
https://www.e-miyata.com/category/247.html

お洗濯環境はお客さまによって
違いますので、商品をじっくり
見ながら判断なさってくださいね。

冬物のお手入れも終わり、
さっぱりしたところで、
母の日のお買い物もGW中に
すませてさっぱりしちゃいましょう。

▼宮田織物の母の日の贈り物
https://www.e-miyata.com/category/90.html

みなさま、良いGWを(^_^)

今日も感謝のものづくりを。
お客様の笑顔のために。
自分達の笑顔のために。